【カウンセリングレビュー】30代女性 デザイナー

いつもお疲れ様です。

どみなんと!管理人

明城こうです。

 

新規の僕のカウンセリングを受けてのレビューをいただいたので、
掲載致します。

 

「実際に明城と話してみてどうだったか」
の意味合いが、強いですね。

 

文章は許可を得て掲載しています。
カウンセリングの内容、
個人で交わしたやり取りなど
許可がない状態では絶対に外に漏らしませんので、
ご安心ください。

明城との出会い「胡散臭い」

明城こうさんのことは、
友人からの紹介があり
カウンセリングを受ける前から知ってはいました。

が、
まだどんな方なのか分からず
胡散臭く感じて警戒していたこともあり
連絡をしようとはしませんでした。

やっぱり僕の第一印象は
「胡散臭い」がつよいんだね〜
そりゃ怪しいよな。笑
レビューが重なって、
徐々に胡散臭さが消えていくことを祈ります。笑

胡散臭くても、もしかしたら…

ですが、
1人では考えても無理、
だけど通院している精神科や周りに相談しても
「くだらない」
と言われるのがオチ、

そんな悩みにぶち当たり、
それは昔から目を逸らしていた悩みでもありましたが、
それをこうさんなら真剣に聞いてくれるのではと思い立ち
予約の連絡をしカウンセリングを受けることとなりました。

こうさんなら糸口を見つけられる、

Twitterでの言葉を拝見しながらそう感じました。

カウンセリング開始、その内容

こうさんは、
私が切羽詰まっている状態を理解してくださり、
早目に入れられる予定を組んでくださいました。

実際のカウンセリング時間は
1時間延長して頂き計3時間。

私の悩みは
「言葉や会話が思った通りに伝わらない」
というもの。

緊張していたこともあり、
何から話していいのか混乱している所を、
こうさんは順序立てながら
丁寧にひとつずつ質問をくださりました。

今現在の環境、近況、
悩んでいることをお話ください 

それはとても落ち着いた声で、
私はお話を進めることができました。

友人関係の難しさ

最近の悩みは、友人との人間関係トラブル。

決して仲違いしたかったわけではなかったけれど
言葉がキツくなり、

でも真から伝えたかったことは伝わらず
揉めてしまった苛立ちや悲しみ、
自分の言葉がおかしいのかもしれないという不安。
コミュニケーション全体の自分への疑問。

それをこうさんに伝えました。

こうさんは静かに聞いてくださり、
途中私が
煙草休憩いいですか?
と聞いても
全然構いませんよ!僕も吸っちゃおうかな? 
とくだけた感じで
リラックスし緊張が解れた気がします。

一通り昔のことも含めお話すると、
こうさんのカウンセリングのすごい所がここから始まりました。

私への質問が何回かあり、
それに答えていき、
そこから私独自の思考パターンや特性を分かりやすく説明していってくれたのです。

それが、どう悩みに繋がっているのかも
こうさんらしい解説で教えてくれました。
話自体は難しい、頭をすごく使います。
でも

 大丈夫、あなたなら分かるはずだから。
あなたは何も悪くない。

と、その都度温かい言葉がかけられます。

「悪いこと」には「悪い」と
容赦無くぶつけていくので
今回に関しては本当に、この方は悪くなかったのです。

その言葉に励まされ、
こうさんとお話しながら
自身でも気づかなかったことを知ることになり
勉強にもなりました。

それはとても納得できるものばかり、
悩みの芯になっている部分が何なのか理解できていきました。

noteを用いた、実例の解説

更に、こうさんの書かれたnoteを使い
奥深い話までされていきます。

使用したnoteはこちら。
人は「勝手に」傷つくはなし 

読んでは説明を聞き、質問に答えては解説。
こんな内容の濃いカウンセリングは初めてでした。

自分には、
人の心の働き方を汲み取ることができていない。
相手の言葉でしか情報を得ていなかったということ。

そして私は感情的過ぎた。
相手を言葉で追い込んでしまう。

そのひとつの気づきと疑問を、
こうさんは分かりやすく数値に置き換えて
人の心の動き方等説明もしてくれました。
それはとても分かりやすかったです。

疲れてしまいそうになるタイミングで
雑談も挟んでくださいます。
手に取るように分かってくれているということが、
逆に安心感を生みました。

3時間みっちりお話をし、アドバイス等も頂きました。

カウンセリングを終えて

丁寧なのに、
どこかほっとする安心感のあるくだけた雰囲気、
とてもお話しやすかったです。

次回もアドバイスを踏まえた上での
生活がどうだったかや、

まだ足りない部分のお話を
カウンセリングを定期的に受けて進めていきたい

自分を理解しいい方向に変えていく為の時間を
お願いしたいと思いました。

明城のひとこと

カウンセリング、と聞くと、
やはり「傾聴」「共感」がまず上がって来ますね。
しかしながら、人によって求めているものが大幅に違います。

カウンセリングを行う傍、
時にはアドバイザー、時にはコンサルタント、時にはティーチャーとして
適切に相手にお話をしていく必要があるのです。

残念ながら「明城こう」の共感能力はゼロに等しいです。
「わかる」ことはほぼほぼありません。
他人のことですからね。一個もわからない。
なので、「その人がどう思っているか」適切に認知していく必要があるのです。

明城も人間なので、
あなたが伝えたいことが
うまく伝わらない場合があります。
そんな時は、話が食い違ってしまうかも。
そうしたら、ごめんなさい。

ちゃんとごめんなさいするので
軌道修正を一緒にはかっていただけると、
とてもとても、嬉しいです。 

 

各種カウンセリング依頼・明城に会いたい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP