鞭とハーレムを手にした心理屋が
生き方とイキ方を書き綴る
ご依頼レビュー

【カウンセリングレビュー】20代女性 精神科関連専門職

あかぎ
あかぎ
いつもお疲れ様です。
どみなんと!管理人
明城こうです。

 

新規の僕のカウンセリングを受けてのレビューをいただいたので、
掲載致します。

 

「実際に明城と話してみてどうだったか」
の意味合いが、強いですね。

 

あかぎ
あかぎ
文章は許可を得て掲載しています。
カウンセリングの内容、
個人で交わしたやり取りなど
許可がない状態では絶対に外に漏らしませんので、
ご安心ください。

明城との出会い 「脳イキ」からスタート

こうさんを初めてお見かけしたのは脳イキが流行り始めた頃。
いわゆる「脳イキ師」たちとは明らかに違う
専門的なツイートに興味を持ってたのがフォローしたのがきっかけでした。

とは言え、依頼することも、DMやリプするわけでもなく、
アカウントをころころと替える度にフォローし直しながらTLに流れてくるツイートを
「面白いなあ」「すごいなあ」と思いながら、ひたすら読むだけでした。

依頼するきっかけになったのは、仕事上で起きた生死に関わるとてもとても大きな出来事。
それによって自分自身がとても不安定になったことでした。

精神科関連職だからこその葛藤

ただ私は仕事柄、人を支援をする立場。
自分の状態が医療で解決するものではないことは分かっていましたし、
支援する立場の人間がこんな姿見せてはいけないと
周りも相談できずにいました。

でもあまりにも自分の不安定さに仕事に、
相手の支援に、影響が出るのでは?
と危機感を感じて藁をもすがる思いで依頼をしました。

カウンセリング開始、まずは通話依頼からスタート

最初は通話にてカウンセリングをしてもらいました。

このときは、
・自分がずっと抱えている不安や想い
・モヤモヤしていること
を話しながら、ひとつひとつそれらを紐解いてもらいました。

「この想いを人に話したら嫌われる、失うのでは」

誰かにこんなこと話したら何か思われるんじゃないか、
嫌われる、失ってしまうと思ってなかなか人に言えなかったことを
聞いてもらえて、ひどく安心して、
気持ちが楽になったことを覚えています。

ここで見えてきたのは「失いたくない」が強く、
誰かの正解に合わせているから辛いということ。

このときは、目標を短期中期長期で立ててもらいました。

まずは短期目標として
・こうさんが見ているTwitterアカウントで「思っていること」を呟くこと
・こうさんの正解に合わせないこと
を実践することになりました。

電話を切って早速、専用のTwitterアカウントを作成。
「思っていること」をなるべくそのまま、頑張って呟き続けました。
頑張って、ということがそもそもおかしいところなのですが。

二度目の通話依頼

約1ヶ月後に、2回目の通話。
1ヶ月分のツイートを振り返りながら
考えや思いを丁寧に紐解いてもらいました。

「自分がどうしたいのか」
というところに焦点があたったときに
自分の中でずっと引っ掛かっていた口に出せなかった思いが、
こうさんの問いかけで言葉として
ボロボロ出てきたことに自分自身が驚きました。

この2回目の通話で、
「失いたくない」の裏に
「必要とされたい」が隠れていて、
それがかなり根付いていることが分かりました。

今後のカウンセリングの方針や
その際のリスク説明もしてもらいましたが、ピンとこず、
1度会って話したいとお願いし、
次のカウンセリングは対面で行うこととなりました。

初めての対面カウンセリング

対面カウンセリング前日なかなか寝付けないくらい緊張。

通話で話してはいたものの、
こうさんに対して超人みたいなイメージもついていたので
会うまで本当に不安で不安で仕方なかったのですが、

実際にお会いすると、
優しい雰囲気のお兄さんでした。

同い年とは思えない落ち着きっぷりと
なんかすごいオーラはありましたが笑
あととても紳士でした。

カウンセリングをするにあたって、
こうさんはまず、わたしのことをたくさん褒めてヨシヨシしてくれました。

ぎゅってしてヨシヨシしてほしいとか
褒めてもらいたいとかツイッターや通話で話してはいましたが、
まさか本当にしてくれるとは。

お会いしている間、ずっと些細なことで褒め続けてくれて、
認めてもらえたような気持ちですごく安心した気持ちになりました。

ヨシヨシしてもらいつつも、この対面カウンセリングで何をするか。

事前に
『自分で見えていない自分自身の部分を一緒に振り返ってもらいたい』ことと、
『攻撃はしないでほしい、したくない』ことを伝えてあり
具体的に何をするか、話し合いました。

と言ってもなかなか自分で出てこない。
何をすればいいか分からず…。

Twitterを見て振り返りながら

『痛いのは嫌なのに傷をつけると安心すること』
『めちゃくちゃにされたいけどゴミみたいに扱われたいわけじゃなく、必要とされたいこと』

に焦点をあてて安心と安定が出来るような方法を、
きちんとリスク説明を交えながら提案してくださいました。

やったことその1 気功

ひとつめは気功。

Twitterで見ているときは、正直怪しいと思ってはいたのですが、
体感するとあれはもう信じるしかないです。

わたし自身が人の気を感じやすい体質?だからか、
こうさんの気をビリビリ感じたし、
きちんと受け取れたので気を巡らせてもらうだけですごく身体も心も安定しました。

仕事柄、よくない気を受けやすいわたしに
流し方や溜め方なども丁寧に説明してもらい、
ここだけで終わらず継続できるようにしてくださいました。

あと、それを使ってちょっとしたイタズラをするこうさんのおちゃめさは
可愛かったけどやっぱりドSですね。

やったことその2 緊縛

ふたつめは緊縛。

わたしが緊縛に興味があったという理由もあり、
縛ってもらいました。

きつく締め上げる縛り方とは違う縛り方をしてもらったので、
縛られてる最中、とにかくなにも考えずひたすら、ふわふわ眠い感覚。

もちろん絵面はいやらしいんだけど、
そういう気持ちにはならなくて、ただ、ただ安心感に身を任せる感じ。

危なくないように配慮してくださったので、
怖い思いも一切しませんでした。

やったことその3 愛咬

みっつめは愛咬。

はじめ、こうさんに「噛んでみていいよ」と言われ、
「攻撃したくないしカニバリズムとか興味ないけどなあ」
と思いながらこうさんの肩にがぶっと噛みついた(といっても甘噛み程度)のですが、

これが何故かとても安心するんです。

こうさんに腕と足を噛んでもらいました。
痛いのが嫌いなわたしは「痛いーっ!!」って叫んでしまいましたが、
不思議と攻撃には感じずなんだか満たされる感覚。

痛いけどもっと噛んでほしい、
攻撃したくないけど噛ませてほしい。
噛み跡をみて安心する。

理由はこうさんの書いた「愛咬」の記事にすべて書いてあります。

あかぎ
あかぎ
この記事です◎
あわせて読みたい
大好きだから噛んでしまう…!「愛咬」という甘美な性癖ちょっと変わったカウンセラーのブログ。大好きな人って噛んじゃいますよね…好きだから仕方ないですね…噛まれてる人、嫌わないであげて欲しいです。実はちょっと甘えんぼなだけなんですよ。噛んで安心。昨日よりちょっとだけ、イキやすく。...

カウンセリングを終えて

自分ひとりでは、辿り着けなかった昇華の方法。
そういうものをきちんと見つけてもらえて一歩進んだような感覚です。

対面カウンセリングは、実際に色々としてもらいながら、
自分のことを知って、きちんと整えてもらうところまでしていただき、
とても濃厚で充実した時間となりました。

人と関わる仕事、
ましてやメンタル部分に関わるのは環境的にとても揺れやすい。

こうさんの「カウンセラーもカウンセリングを受けるんだぞ」でもあるように

あわせて読みたい
カウンセラーもカウンセリングを受けるんだぞ さて。 カウンセラーというお仕事をしていると、 こんな疑問をちょくちょくといただきます。 SMカウンセラー、と名乗って...

自分のことや状態を把握して向き合うこと、
きちんとメンテナンスすることはすごく大切だと思っています。

わたしは今回、
こうさんのカウンセリングを受けたことで自分の状態が把握しやすくなりました。

ただここがゴールではなく、スタート。
メンテナンスにまだまだ力をお借りしながら、前に進めたらと思います。

明城のひとこと

精神科関連職を目指す人は、得に優しい人が多い印象です。
そして、思いやりや感受性が深い分、ストレスをため込みやすく
今回のレビューのように、
「精神科に関わるものが不安定なようではいけない」
気持ちが大きい人も多いです。

メンタルが安定していない人と関わる中で、
頼る場所なしに自分はメンタルを安定させ続ける、というのは至難の業。

頼ることができたこと、本当にすごいと思います。

依頼者様が仰っているとおり、これはまだ「スタート」の部分です。
一時的な安心を与えるだけでは、それより先は無くなってしまう。

痛いことも苦しいことも、この先多いでしょうが
良い形でサポートしていけたらよいな、と明城は思います。

明城こうにDMを送る

あわせて読みたい
ご依頼依頼の方法 ①.ご依頼の内容を下記から選んでください。 ②.リンクを押し、ご希望の依頼ページに移動してください。 ③.各ページ記載...
明城こうのLINE@のご紹介

明城こうの公式LINE@のご紹介です。
2018/11後半の西遠征に合わせて再開しました。

現在、DMにてご予約を頂いていますが
将来的に予約連絡を全て
LINE@に移せればと考えています。

理由は、
DM・LINEの中に重要連絡を混ぜないためです。

  • Twitterより優しい明城が欲しい人
  • 明城こうのブログ情報を確実に得たい人
  • 明城の利用を考えている人
  • 「しょーもない」話を見たい人
  • LINE@のみのボイスメッセージが欲しい人

などの方にお勧めです◎

ご登録はこちらよりお願いします◎

友だち追加

↑タップするとLINEが開きます。

QRコードはこちら◎

PCの方はこちらからコードを撮影して頂くとスムーズです。